パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

これまでの歩み

1962年 4月 山梨県労働者生協(県労生協)設立
1965年 4月 山梨県郡内労働者生協(郡内労生協)設立
1992年

4月 「県労生協」と「郡内労生協」が合併し、「生活協同組合コープやまなし」設立

   甲府センター開設

1993年 富士五湖センター開設
1994年 リユースびんの回収開始
1995年 第1回生産者消費者交流会開催
「たすけあい共済」スタート
本部事務所開設
1996年 ハッピーメイトシステム(個人宅配)スタート
たすけ愛の会設立
1997年 遺伝子組換え食品を考えるネットワーク設立
1998年 ユニセフラブウォーク開催
山梨県と「災害時における物資の供給に関する協定」締結
1999年 産地探検隊スタート
「パルシステム」開始
本部事務所に風力
太陽光発電設置
クリーンエネルギー建設実行委員会設立
2000年 エコ・リカーショップ開店(増穂町)
ホームページ開設
大豆畑トラスト開始
商品カタログ「マイキッチン」「Kinari」スタート
クリーンエネルギー普及プロジェクト発足
組合員20,000人を超える
2001年 ISO14001認証取得

LPG車(低公害車)導入100%達成
おから発酵飼料化事業開始
ヴァンフォーレ甲府支援開始
商品カタログ「YUMYUMスタート」
クリーンエネルギーひろめ隊発足

2002年 合併10周年
市民活動助成金制度開始
食の安全ひろめ隊発足
2003年 バイオディーゼル燃料事業開始
いちのみやセンター開設
たすけあい愛ぴよぴよの会(現:くらし支えあいりぼんの会)発足
2004年 パルシステムブランドロゴ統一
地域に根ざした食育コンクールで特別賞受賞
2005年 甲府センターにソーラー街路灯導入
コープやまなし独自注文書を「うまい甲斐」へリニューアル
2006年 「第20回牛乳パック再利用を考える全国大会」実行委員会参画
リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰で会長賞受賞
2007年 合併15周年
エコ・リカーショップ移転(中央市)
甲府センターに太陽光発電設備導入
富士五湖センターに風力発電機導入
コープやまなし倶楽部発足
やまなし食の安全・食育推進大会で優良団体表彰
2008年 食育ひろめ隊発足
高橋勇専務理事が厚生労働大臣表彰を受賞
組合員40,000人を超える山梨県自動車安全運転センターより「優秀安全運転事業所『銅賞』」を受賞
富士五湖センターに「ペレットストーブ」導入
2009年 8月1日より名称を「生活協同組合パルシステム山梨」へ変更
職員の子育て支援サポート「子育てハッピー応援団」制度立ち上げ
2010年 本部事務所にハイブリッド車を導入
富士五湖センターに太陽光パネル導入
2011年 次世代育成支援対策推進法に基づき、基準適合一般事業主として山梨県労働局長より「くるみん」認定
山梨県男女共同参画推進事業者として表彰
甲府市より「子育て応援優良事業者」として認定を受け表彰
10月8日より「エコ・リカーショップ」から「フェアトレードショップぱるはぴ」へ名称変更
いちのみやセンター「ペレットストーブ」導入
第17回環境保全型農業推進コンクール「特別賞(全国環境保全型農業推進会議会長賞)」受賞
2012年 平成24年度均等・両立推進企業表彰、ファミリーフレンドリー企業部門
山梨労働局長奨励賞を受賞
北杜市と見守り協定を締結
秋田県大潟村より「秋田県大潟村応援大使」を任命
2013年 甲府センターに超小型EV(電気自動車)を導入
次世代認定マーク「くるみん」を県内では初となる2回目の認定
県内13の市町村(韮崎市、西桂町、富士川町、早川町、大月市、上野原市、都留市、山中湖村、市川三郷町、笛吹市 、冨士河口湖町、鳴沢村)と見守り協定を締結
2014年 富士五湖センターを移転し、新たに西桂センターを開設
2015年 次世代認定マーク「くるみん」を3回目の認定
県内22市町村(甲府市、富士吉田市、山梨市、南部町、忍野村、道志村)と1社協(笛吹市社会福祉協議会)と見守り協定を締結
西桂町および甲府市との「災害時における相互協力に関する協定」の見直しと締結
商品カタログ「きなりセレクト」スタート