パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

課題推進チーム

課題推進チームとは

パルシステム山梨では「持続可能な社会、安心・安全な暮らし実現に向け」、情報発信(提案)の強化に取り組みます。

地域、社会の中で起こっている問題や課題は様々あります。パルシステム山梨ではそれらを学び、広く伝えたいと課題推進チームを設置し活動を行っています。今年度のテーマは3つ。どれも今知りたい、今伝えたいテーマです。

 

パルシステムエネルギー 政策浸透・新電力推進

パルシステムエネルギー政策「減らす・止める・切り替える」の浸透と、パルシステムでの新電力事業を推進していきます。

今年4月より始まった電力小売自由化。これによりパルシステムでは、今後、原子力や化石燃料に頼らず、再生可能エネルギーを中心とした電力を組合員に供給することができます。エネルギー政策浸透・新電力推進チームでは、これからパルシステム電力の学習会などを開催し、多くの組合員に発信していきたいと思います。みなさんも、一緒に持続可能な社会づくりを目指しましょう。

 

TPPがくらしや 社会に及ぼす影響

TPP。皆さんはどんなふうにお考えでしょうか?TPPに加盟すると日本社会が一変すると言われています。貿易産業は日本にとって重要な産業ですが、TPPは多岐に渡って社会構造が変わり、私たちの身近な生活に大きな影響を与えるといわれています。食べ物に関しては既に大きく取り上げられていますが、ほかにも医療、保険、雇用、知的財産など、私たちが未だ良く知らない事がたくさんあります。そんな情報を皆さんにお知らせしていくことが私たちの目的です。

 

パルシステムの産直から日本の農業を考える

今は当たり前になったこの言葉ですが「パルシステムの産直」は産地直結の産直です。私たちの産直産地では組合員に出来るだけ美味しくて安心できる生産物を届けたいと日々の努力をしています。けれど日本の農業をめぐる状況はとても厳しく、これからの希望をどこに見出せばいいのか?という不安の声も聞かれます。いま、何が起きているのか知りたい、生産者と組合員が共に熱き想いで作ってきた産直をもっと知って広めたい、そしてこれからもずっと「産直」が続いていけるようにという想いで活動しています。