パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

課題推進チーム

パルシステム山梨では、昨年度より理事会のもとに年度課題の中で、今必要とされる課題に取り組む推進チームを設置し活動を進めています。2017年度も方針に基づき『フェアトレード』『CO2削減』『復興支援』の3つの課題について、多くの組合員の皆さんに発信していきたいと考えています。推進にあたっては「私にもできる!」という視点を取り入れながら、組合員・役員・職員が一緒に学び、知り、伝え、拡める活動を進めていきたいと思います。

 

 

私にもできる!『フェアトレード』

甘くておいしいチョコレートやバナナ、チラシに踊るファストファッション。商品の向こうには、発展途上国の人々の低賃金労働や児童労働が潜んでいます。

また倫理的消費(エシカル消費)とは、価格や品質だけでなく、思いやりや応援という気持ちをもつ「考える消費」とも言われています。世界の現状を知り、フェアトレード=公正な貿易(エシカル消費)を考え、私たちが出来ることを一緒に学び、知り、伝えていきます。

 

5月フェアトレード月間

ナチュラ~フェアトレードの風~vol1発行しました。

 

 

私にもできる!『CO2削減』

3R(減らす、再使用、再利用)に取組むこと。環境にやさしい商品を選び・使うこと。電力について考え、選ぶこと。

様々なことがCO2削減に繋がっています。難しい問題を私にもできる視点で捉え、家庭や個人、地域や企業等でもできるCO2削減についてを一緒に学び、考え、拡めて行きます。

 

 

私にもできる!『復興支援』

東日本大震災から6年が経ちました。

まだまだ元の生活や故郷に戻れない人も多く、たくさんの問題を抱えている方々・地域・産地があります。ニュースやSNSで取り上げられている、いじめや貧困問題にも繋がっているとも考えられます。山梨の地から私たちにできる支援を考え、一緒に取り組んでいきたいと思います。