パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

甲州市民文化会館(甲州市)で青年農業者交流会を開催

2017.11.24お知らせ

2017年11月10日(金)、甲州市民文化会館(甲州市上塩後240)において一宮センターエリアによる「青年農業者交流会」が開催されました。

 

毎年、各センター開催している「青年農業者交流会」ですが、今年、一宮センターでは生産者カードにスポットを当て、まずは組合員さんに知っていただき、交流も含め産地とのつながりをより密接なものにしていきたいと今回企画を進めてまいりました。お集まりいただいたのは「農事組合法人 村悟空」から長谷川さん、高木さん、加瀬さんの3名と「農事組合法人 八千代産直」から古谷さん。そして(株)ジーピーエスからは雨宮さんに参加していただきました。

 

 

18名の組合員さんと和やかな雰囲気の中、野菜の重量当てゲームがスタート!!

 

 

1kgの野菜ってどのぐらい?

ベテラン主婦も大いに悩みます。

 

白熱した戦いの後は、生産者カード作り。

産地から届く野菜には生産者カードが入っていますが以外と知らない方も多く、今回のイベントを機に広まっていくことを期待したいですね。組合員さんが質問を投げかけ、組合員さんが聞き取り、生産者カードに記入していきます。生産物について熱心に語る生産者。愛する家族について語る生産者。最後はプライベートな質問も飛び交い、時間が足りません。

 

 

え~っと加瀬さんの奥様は美人さんで、趣味の一眼レフをローンで購入っと!!よしできた!!

 

 

口数は少ないですが・・・長谷川さんのはにかんだ笑顔がステキです!!のひと言にテレまくり。

 

 

後半は生産者さんが愛情を込めて作った野菜とこめ豚で、しゃぶしゃぶランチ。みんなで家族のように、ひとつのお鍋をつつきます。

 

 

自慢の野菜を目の前に満面の笑顔!!組合員さんも、食べて質問してと大忙し。

 

 

長谷川さんのきゅうりを食べつくし、「もっと食べたい~」との声も。

 

 

 

最後は、作成した生産者カードを組合員さんから贈呈。

 

2時間半の短い時間ではありましたが、それぞれの生産者さんから、野菜と共に熱い想いが組合員さんに伝わったのではないでしょうか。

 

一宮センターでは今後も様々なイベントをたくさん開催していく予定です。皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

甲田センター長、お手伝い頂いた梅原理事長、ありがとうございました!!