パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

西桂センターで産直連続講座“日本のCOME BUTAって何?”を開催

2018.7.03お知らせイベント

 

 

626日(火)、西桂センターにおいて、西桂センターサポーターによる、産直連続講座「日本のCOME BUTAって何?”」を開催しました。

 

 

当日は、17名の組合員さんが参加され、秋田県のポークランドグループ代表の豊下勝彦さんと(株)パルミートより、パルシステムで取り扱っている“日本のこめ豚”の生産過程や取り組みについて、講座を行いました。

 

 

 

講座の後は、豚肉の食べ比べや“日本のこめ豚”を使ったランチを食べながら、生産者と一緒に楽しく交流しました。

 

 

食器の片付けの際には、参加者にお持ち頂きましたキッチンペーパーに、セスキ(アルカリウォッシュを水で溶かした液)をスプレーし、使ったお皿をみんなできれいにふき取りました。

 

 

参加された組合員さんからは

  • 初めて参加しましたが大変勉強になり目からウロコです。サーモンまで薬を使っていたとは驚きです。今後は自分の目で見て確かめて食品を購入し、娘や孫にも帰って話してみたいです。
  • 畜産の現状を知り、衝撃的な部分もあったが勉強になったので良かった。美味しい物には愛情と手間が込められているなと改めて実感した。今後肉を焼く際には、“焼きちぢみ”に注目したいと思う。サポーターさんのレシピのアイデアも良くて活用したいと思います。
  • 日本こめ豚がどうして畜産豚に比べてちょっと高い理由が分かりました。市販の肉類の怖さも分かりました。
  • こめ豚がとてもおいしくびっくりしました。DVDやお話も勉強になりました。ありがとうございました。

などたくさんの好評の声をいただきました。