パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

生産者に会おう!「白州森と水の里センター」を開催

2018.12.03お知らせイベント

 

118() “白州の紅葉と圃場ハイキング~大人の遠足”と題して25名の参加者が秋の白州森と水の里センターを訪問しました。

 

 

 

大人の遠足

一宮センター出発(バス)~白州森と水の里センター到着~(ここからは徒歩です)平飼い鶏舎見学~大根圃場収穫体験~サンチュ見学~BMWプラント見学~浅漬け体験~昼食交流~おっぽに亭こっこ(買い物)~帰路

 

 

 

体験と交流

当日はすこやかな秋晴れとなり、南アルプスの麓に広がる産地の魅力を十分に体験することができました。平飼い鶏舎の見学で有畜複合農業について学び、大根圃場では珍しい「サラダ大根*中がピンク色です」の収穫体験を行いました。また野菜の浅漬体験(発酵食品)とBMW施設の視察で白州森と水の里センターの核心に触れ、築100年を超えるという古民家で行われた昼食交流(卵かけごはん+鶏汁+プリン)では白州森と水の里センターの食べ物が味しい理由は“生産者の人柄”であることを知りました。

 

 

 

 

 

 

人と人のつながり

産地研修は一期一会だと考えます。今回のイベントで交流が終わりではなく、ここからが始まりです。「うまい甲斐紙面」を通して産地と生産者の顔を思い出しながら商品を注文することで生産者との交流は続いていきます。人と人とのつながりを再確認することが産地交流の醍醐味であると強く感じました。ご参加いただいた組合員さんと忙しい時期に交流企画を快く受け入れてくれた白州森と水の里センターの生産者に感謝します。

 

 

一宮センターはこれからも皆さんに喜んでいただけるイベントを企画してまいります。たくさんの組合員さんのご参加をお待ちしております。