パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

生産者に会おう「パルの産直フルーツdeティーパーティー」を開催

生産者に会おう「パルの産直フルーツdeティーパーティー」を開催

2017.1.04お知らせイベント

甲府センタークリスタル会議で、生産者と組合員さんの交流イベント、生産者に会おう「パルの産直フルーツdeティーパーティー」を12月9日(金)須玉ふれあい館にて開催しました。

当日は、21名の組合員さんに参加いただき、生産者からは、アップルファームさみず・やはた会・御坂うまいもの会・八ヶ岳ブルーベリーバスケット・甲斐市荒川さんら果樹生産者8名にお越しいただきました。

まずは、生産者の自己紹介のコーナーです。パワーポイントの画像を交えながら自己紹介いただきました。後継者不足、異常気象など果樹生産をする上では様々な問題がありますが、生協組合員さんとの信頼関係で打開していきたいと、生産者のみなさんそれぞれ期待を込めて現状を語っていただけました。

 

次は、クイズコーナーです。「ブルーベリーが大きいときはどれぐらいでしょう?」「さみずは漢字で書いたら?」など、みなさん知って驚きの産地クイズです。回答される生産者からは思わぬ生産物の裏話も聞かせていただけました。生産者へ質問コーナーでは、「密の入っているリンゴの見分け方は?」「果物の保存方法は?」みなさんの素朴な疑問に、生産者のプロの視点の丁寧な回答をいただけました。

 

最後には、簡単な調理で生産者のフルーツの試食コーナーです。産直フルーツでサンドイッチ、ヨーグルト、サラダを参加者と生産者全員で調理して試食しました。カタログではよく見るのだけど実際買うときは、ちょっと勇気が要るのよねという方もご納得の食感でした。

パルシステム山梨の産直フルーツを、聞いて、知って、感じていただけた一日になりました。