パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

今週のうまい甲斐

 

おばさん3人の経営者への道 ~農家の嫁の新たな挑戦~

生産者共通の悩みが規格外品をどうするか?という課題があります。同じようにこだわって栽培していても自然には逆らえず、小さいものやいびつなもの、農薬を削減すれば、虫食いや傷、食味に影響が出ない程度の病気が、年によってはちょっとした天候の影響で、多く出てしまう場合もあります。パルシステム連合会も多くの産地と取引しているため、一律に大きさや重さ、色、表面の肌など目合わせを行いながら、ばらつきを最小限に抑えていますが、やはり天候の加減で難しい時もあります。そういった時、人情としては、このくらいまで出してもいいかな?と判断せざるを得ないときもありますが、それが裏目に出て、クレームにつながったりするため、やはり産地に“ごめんなさい”を強いることになります。しかしながら、公開確認会や産地に足を運ぶと組合員さんからは“もったいない”“出してもいいんじゃない”とお声をいただくので、双方の理解を深めることはとても大事だと常に思います。

 

 

規格外品が多いと当然、生産者の収入減になるため、農家のお母ちゃんたちが立ち上がって加工品として商品価値を高めようとする動きが高まっています。しかしながら、大手に加工品としてお願いするには、慣行栽培の生産物と同じ価格で取引され、いっしょくたにされて、別物の商品名になって売られてしまいます。エコ基準やJAS有機認証作物の加工品がほしいと組合員から要望を頂く中で、実際には小回りの効く加工所がないことや、それだけの小ロットを受けてくれるところが少ないというのが現状です。

 

 

今回紹介の“いっぷく堂”もそんな農家の母ちゃんたちが立ち上げた6次産業の会社です。差別化を図るため、加工会社設立を決意したまではよかったのですが、『会社ってどうやって作るの?』『資金はどこから出すの?』と一から立ち上げの難しさを痛感したといいます。また資金の借入に関しても「農家の嫁は無収入」なため、夫名義で借入を提案されるなど、現実に立ちはだかる問題は山積みでした。今ではパルシステムの女性生産者交流会でも先駆的取組みとして牽引する役割を果たし、各メディアにも取り上げられ、香取市ふるさと納税返礼品になるほど地域を代表する特産品になりました。そんなお母ちゃんたちの挑戦を生活協同組合としても応援していきたいと思います。

 

 

いっぷく堂のある香取市

利根川水運の中継基地として栄えた場所で、現在でも川沿いを中心に江戸情緒あふれる古い町並みが残っています。また、伊能忠敬の養子婿先の地でもあり、地図の町としても有名。一度は訪れてみたい地ですね。

 

 

やるからには妥協しない!

➀うまい芋をつくる!
水はけが良い火山灰土は、さつまいもの産地に最適!毎年天候を先読みしながら、最適な時期に定植しています。農薬や化学肥料にはできるだけ頼ることなく、安全でおいしい芋づくりに取り組んでいます。

 

②収穫後、絶妙なタイミングで干し芋に!

早堀りすると甘さがのらないため、定植してから140~160日以上経ってから収穫します。収穫後は貯蔵庫に入れて温度・湿度管理をして60日以上貯蔵します。でんぷんを糖化させることによって、糖度が上がり、しっとり・ねっとりの食感が生まれます。

 

 

③徹底した製造方法!

熱々の状態のまま、厚く皮をむいてきれいな色が出るようにします。昔ながらの天日干しの良さと、徹底した衛生管理を両立したいという思いがあり、いっぷく堂は、天日干しと同じ条件になるように開発された乾燥機を導入しています。

 

 

  • 注文用紙もしくはインターネットでご注文ください。 


 

うまい甲斐10月5回