パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

味噌作りワークショップを五味醤油KANENTE(甲府市)で開催

2018.4.05お知らせイベント

 

冬は、味噌作りの季節!!

なぜ寒仕込みがいいかというと、ゆっくり時間をかけて醗酵させた方が、味に深みがでておいしく仕上がります。一年中味噌はつくることはできますが、暑い時期に行なうと気温が高いため一気に発酵がすすみ、どうしても旨みがいまひとつなお味噌になってしまいます。大豆を秋に収穫して、冬の農閑期に味噌を仕込む・・ことが一番理にかなっているといえます。

 

 

1月~3月まで合計3日間。午前と午後あわせて計6回のワークショップを開催しました。会場は五味醤油併設のワークショップ施設KANENTE

 

 

今年度は初めて土曜日開催を設けたため、応募が多数になってしまい、抽選となりましたが、若いママさんたちもご家族で参加していただきました。平日は働いているので土曜日はありがたいとのこと。私たちが勝手に忙しいママたちは「時短」ばかりだと思っていましたが、いやいや、手作り味噌をはじめとする“手仕事”に興味深々です。日本の食文化継承のためにも積極的に学ぶ機会を開催したいと思いました。当日は、味噌の座学を五味醤油の五味洋子さんに講義いただき、楽しい味噌作りの歌を聞いて味噌作りに入ります。

 

 

 

五味醤油で作る甲州味噌は、全国的にも珍しい米麹と麦麹を使うミックス味噌だそうですが、米麹と麦麹のいいとこどりで、なんとも美味しい優しい甘さのお味噌に仕上がります。さらに茹でたての大豆がとても甘いこと!!子供たちもパクパク食べてくれます。

 

3月の参加者は、味噌作りが初めてという方が多くご参加いただき「来年も作りたい!!」とおっしゃっていたので、こうして毎年手前味噌作り人口が増えていくことで、山梨の食文化が広がっていくことがうれしくもあります。

 

 

 

次回は、5月~6月に甘酒ワークショップ、7月初旬にキムチづくり、7月後半に夏休み子ども工房見学会を予定しています。毎週カタログと一緒に入る“うまい甲斐”でご案内しますので、ぜひお見逃しないようご参加お待ちしております。