パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

新米を土鍋で炊いてみよう~オーリア21交流会を開催(笛吹市)しました

新米を土鍋で炊いてみよう~オーリア21交流会を開催(笛吹市)しました

2019.11.21お知らせイベント

11月1日(火)にパルシステム山梨一宮センター主催、『新米を土鍋で炊いてみよう~オーリア21交流会』を開催しました。

パルシステム山梨独自契約米「あっこちゃん」生産者のオーリア21の3名のメンバーと16名の組合員さんに参加して頂きました。

 

オーリア21がある大潟村の歴史から始まり、環境保全型農業の取り組みや独自産直米「あっこちゃん」の特徴やその他に扱っている商品(ニンニクや切り餅)の説明、交流活動等についてもお話していただき、終わりに秋田県に関するクイズ大会も行い皆さんすっかり打ち解けた様子でした。

 

 

 

調理室に移動して、次は大潟村の郷土料理「だまこ鍋」づくりです。オーリア21の金子さんからだまこ(お米をすり鉢でつぶして丸めたお団子のようなもの)づくりを教えていただきました。

皆さんとても楽しそうに作っていました。

 

 

もう一つのメインは新米を土鍋で炊く!です。あっこちゃんの新米を土鍋にセット。炊き上がりがとても楽しみです♪

だまこ鍋のスープを作ったり、お刺身を盛りつけたりしているうちに、いよいよご飯が炊きあがりました!!土鍋で炊いたあっこちゃんはお米の一粒一粒がツヤツヤと輝いていて、とても美味しく炊き上がりました。

 

 

今回のメニューはこちらです。

・だまこ鍋

・お刺身盛り合わせ

・いぶりがっこ

・米粉のムース(大潟村の米粉を使用)

 

 

参加された方からは…、

・オーリア21の説明、とても分かりやすくてよかったです。生産者の熱い思いが伝わりました。

・いつもあっこちゃん通信を読んでいるだけでしたが、今回は生産者の方からも直接話しを聞くことが出来ました。

・いつか大潟村へも行ってみたい。有機で育てるのは大変なことも多いと思いますが、とてもキレイで美味しいお米でした。

・とても良い方たちで嬉しかったです。お話とても楽しかったです。

など、とても嬉しいお声を頂きました。

 

 

オーリア21の皆さんとは1995年の「あっこちゃん」取り扱いから今年で24年目のお付き合いとなります。

単なる生産者と組合員という枠を超えた交流がこれからも末永く続けられますように、ぜひこれからも「あっこちゃん」の継続的なご利用をお願い致します。