パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

2020年 新年のご挨拶

2020年 新年のご挨拶

2020.1.01お知らせ

 

 

新年のご挨拶

 新年あけましておめでとうございます。

昨年も組合員の皆様には大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 昨年は台風15号、19号が関東地方を中心に猛威を振るい、大きな被害が発生しました。この災害の復興支援に際し、組合員の皆様より多くの義援金を寄せていただきました。皆様の温かいお気持ちに心より感謝を申し上げます。

この度の台風では幾多の尊い命が犠牲になり、土砂や浸水による家屋の損壊などによって日常を奪われた多くの方々が今も復旧復興へ向けての途上にあります。その中にはパルシステムの取引メーカーや工場、産直産地もあり、中でも長野県のりんごの産地である「サンファーム」は特に甚大な被害を受けてしまいました。千曲川沿いにある生産者の住まい、作業場、畑はほぼ、水や泥に浸かり命の危険さえあったそうです。パルシステムではグループ内で連携し、職員達が連日復旧支援にあたりました。ですがまだまだ先の長い支援が必要です。組合員の皆様には、深く泥に埋まったりんごの木が再び葉を茂らせ実を実らせた時、青果の産地の野菜が力強く育った時、工場が稼働し商品の製造が再開した時には、どうか“食べて応援”をしていただければ、と思います。

 

 さて、昨年の秋より「新たな役員の選出制度構築」について組合員さんと意見交換をさせていただいてきております。

様々なご意見をいただき、また組合員さんのパルシステム山梨への思いにも触れることができ、このような意見交換の大切さをあらためて感じております。一方で、時代の流れとともに個人宅配が主流となり、インターネットからの生協への加入や注文、コミュニケーション等がすすんできました。そしてライフスタイルの多様化も相まってこれまでのような組合員参加の形や参画に難しさが生じております。多くの組合員さんに関わっていただくことが組織の活性には必要です。お一人でも多くの方に様々な活動に関心をもっていただけるようこれまでの取り組みに加え、更にしっかりと取り組んでいきたいと思います。

 

 ご挨拶の最後にうれしいお知らせをさせていただきます。長年の悲願だった甲府センターの移転が叶います。現在甲斐市に建設中の新センターが甲斐センターとして3月に完成します。働く職員にとって快適で、組合員さんにたくさん活用していただける賑やかな施設になればと思います。これも組合員お一人お一人のお蔭です。完成の暁にはどうぞ見学にいらして下さい。

 今年も役員・職員一同、精進してまいります。どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

2020年元旦

生活協同組合パルシステム山梨 理事長