パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

やまなし地域こども食堂グループ「にじいろのわ」と余剰青果提供に関する協定を結びました。

やまなし地域こども食堂グループ「にじいろのわ」と余剰青果提供に関する協定を結びました。

2020.2.21お知らせ

2020217日、パルシステム山梨は、県内で子ども食堂を運営している団体のネットワーク やまなし地域こども食堂グループ「にじいろのわ」と合意書を取り交わし、パルシステムの事業運営上で発生する余剰青果を無償で提供する取り組みを始めました。

 

 

 

初回となったこの日はイチゴやミカン、ほうれん草、ニンジン等14品目、約100kgの青果を提供させていただきました。

食品ロスの削減につなげるほか、季節の生野菜や果物を提供することで、県内の子どもたちの成長を目指します。昨年9月に都留市で活動するボランティア団体と合意書を取り交わし、試験的に余剰青果の無償提供を開始していますが、今回は国中地域中心に活動する団体のネットワーク組織との合意となり、県内で子ども食堂を運営する団体に幅広く提供することが可能となります。

 

「右側:にじいろのわ代表 内藤陽一さん」

 

にじいろのわ https://www.facebook.com/yamanashi.kodomosyokudo.group/