パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

今後のプラスチック資源循環施策のあり方について、パブリックコメントを提出しました

今後のプラスチック資源循環施策のあり方について、パブリックコメントを提出しました

2020.12.24お知らせ

パルシステム山梨は12月24日(木)、政府に対し、「今後のプラスチック資源循環施策のあり方について(案)」について、パブリックコメントを提出しました。

幅広い参画を推進する考えに賛同するとともに、持続可能な社会を構築できるよう、プラスチック使用による環境負荷を低減する施策を要望します。

 

パブリックコメント要旨は次の通りです。

1.再生可能資源への切り替えを「より持続可能性が高まることを前提に適切に」行うための基準を示してください
2.プラスチック製品の設計決定者に求められる「環境配慮設計の基本的な事項を整理した指針」において、「長期使用の促進」を強化する旨記述してください
3.熱回収はライフサイクル全体の環境負荷を考慮しやむを得ない場合の最終手段と位置付け、回避するための施策を早急に進めてください
4.事業者のインセンティブを強化してください
5.消費者の行動指針を示してください
6.プラスチック資源循環戦略におけるマイルストーン実現のためのプロセスを明確化してください

 

パルシステム山梨が提出した意見全文は、別紙の通りです。 

「今後のプラスチック資源循環施策のあり方について(案)」に対する意見」 全文