パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

身近な人に介護が必要になったとき どうしたらいいの?

身近な人に介護が必要になったとき どうしたらいいの?

-このイベントは終了しました。-

主催:パルシステム山梨 活動支援課

イベントレポート

7/29(金)福祉・たすけあ助成金オンライン講座「身近な人に介護が必要になったとき どうしたらいいの?」を開催しました。

講師:パルシステム連合会 総合福祉事業推進室 江田 様

 

 

高齢化社会が進む中、介護はどの家庭にも起こり得る可能性があります。介護が必要になったとき慌てるのではなく介護の知識を持っておくことが大事です。介護サービスを受けるためには『どこへ相談したらいいの?』 『どのような手続き

が必要なの?』 など、わからないことがたくさんあります。 そんな疑問を、社会福祉士やケアマネジャーなどの資格を持ち、特別養護老人ホームでの17年の勤務経験のある知識豊かな講師に詳しくご説明頂きました。

 

 

参加者より

  • 親の介護がすぐそこに来ています。地域包括支援センターの利用の仕方など知ることができて良かったです。
  • 予備知識がない人にもわかりやすい基本的内容でよかった。詳細な資料をいただけて、いざというとき参考になりそうです。
  • 介護保険制度の仕組みと利用までの流れ、主な介護サービスの種類や特徴について、非常に詳しく分かりやすく教えていただき、ありがたかったです。また、最初にお話しいただいた、介護する人の人生も介護される人の人生と同じように大切だということに感銘を受けました。誰かの犠牲の上にある人生を望む人はいないけれども、現実には介護に押し潰されている人もいると思います。自分の人生を生きていい社会を作るために介護保険制度は大切なのだと思いました。
いつ:
2022年7月29日 @ 10:30 AM – 12:00 PM
2022-07-29T10:30:00+09:00
2022-07-29T12:00:00+09:00
どこで:
リモート講座(Zoom)
料金:
無料
連絡先:
パルシステム山梨 活動支援課 *営業日は月~金
055-243-6327

2021年10月に在宅で介護または要支援者向けの介護予防サービスを受けた人は409万人、施設に入所して介護サービスを受けた人は96万人います(厚生労働省、介護時保険事業状況報告)。

高齢化社会において、介護はどの家庭にも起こり得る可能性があります。

介護が必要になってしまったとき慌てるのではなく、介護の知識を持っておくことが大事です。

「いざ」というときに“大切な家族に適切なケアができる”ことが一番いいのではないでしょうか。

介護サービスを受けるためには『どこへ相談したらいいの?』 『どのような手続きが必要なの?』 など、わからないことがたくさんあります。

そんな疑問を、社会福祉士やケアマネジャーなどの資格を持ち、特別養護老人ホームでの17年の勤務経験のある知識豊かな講師に詳しくご説明頂きます。

大切なご家族のために、ぜひ聞いて頂きたい内容です。

ご参加お待ちしております。

 

講師:パルシステム連合会 総合福祉事業推進室 江田和彦 氏

大学で高齢者福祉を専攻し、卒業後、社会福祉法人に就職。
特別養護老人ホームで17年勤務後、パルシステム連合会に入協。
社会福祉士、ケアマネジャー、社会福祉主事任用資格、介護福祉士実務研修 など様々な資格をお持ちです。

 

■定員 15名程度

■ お申込み方法(メール)

yamanashi-katudou@pal.or.jp

※ メールでのお申込みの方は、

件名に『介護準備イベント」』とご記入頂き、

本文にて①お名前 ②組合員番号 ③連絡先 ④Zoom接続案内(必要・不要)をお知らせ下さい。

または下記の「お申込みはコチラ」より「7/29介護準備イベント」をお選びください。