パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

日本のこめ豚

日本のこめ豚

 

さっぱりとして、やわらかい、日本のお米を食べて育った産直豚肉。

 

畜産飼料の国産化と、米産地の活性化に向けて

現在、日本の食料自給率は39%(平成27年農林水産省調べ)。私たち人間の食料と同じく、国内の畜産飼料も高い割合で輸入に頼っており、自給率の向上にはこの飼料の国産化が不可欠です。一方、国内の多くの米産地では、国の施策や米消費の減少により耕作放棄地や休耕田になっている土地が少なくありません。
そこでパルシステムは2007年、国内で栽培した「飼料米」を、豚肉の産地で飼料に配合する取り組みをスタートしました。
秋田県などの国内で栽培した飼料米を、ポークランドグループ(秋田県、写真下)で豚の飼料に配合。配合比率を変えるなどしながら、豚肉の品質の分析を重ねてきました。豚のふん尿は堆肥となり、再び農地に還元されています。

 

この豚肉を食べることで、取り組みに参加を!

パルシステム、そして畜産産地と農産産地が協力して生まれたこの豚肉。日本のお米と豚を大切にしたいという思いを込めて『日本のこめ豚』と名付けました。組合員への供給が始まったのは、2008年2月。以来「さっぱりしていてやわらかい」「うまみがある」など、おいしさに関する声とともに、「食料自給率のことを考えさせられた」「買い支えたい」など、たくさんの応援メッセージが届いています。
当初、米の配合比率は仕上げ期の飼料の10%でしたが、2015年にはこの比率を30%にまで引き上げました。「畜産飼料の自給率向上」「地域の活性化」「環境保全型農業への転進」をめざし、パルシステムと産地が踏み出した新たな一歩。ぜひ、注文することで応援してください。

 

 

 

T.K.Mさん

素材の味がわかりやすいようにシンプルな調理方法で食べてみました。フライパンに少し油をひき肉には塩、コショウをして両面焼きました。

いつも豚肉は脂身のある物を選ぶことが多いです。(その方がおいしく感じるので)今回のこめ豚は脂身がほとんどなくきれいな赤身のお肉でしたが、肉そのものの、くさみがなく、肉本来の味が感じられとてもおいしかったです。しかも普通に焼いただけなのに柔らかくてびっくりしました。肉好きの娘も「柔らかくておいしい!」と満足。普段はつい「安い」というだけで選んでしまいがちですが、本当においしくてよいものを子供たちに食べさせてあげたいですね。

 

はりさしえくぼさん

塩をふって水気を出したナス(スライスした)を肉で巻いてロールにして半分にカットし、かたくり粉をまぶしてフライパンで焼いた。しょうゆ、みりん、酒などで味付けした。とてもおいしくできた。とろみと甘辛いしょうゆ味がうまく絡み、豚もよい味で好評でした。

 

mariさん

両面焼いて焼肉のたれで味付けました。よく焼くと少し固く感じました。ほかの調理方も試してみたいです。お肉はとてもおいしかったです。

 

みーさん

野菜(ナス、ピーマン、玉ねぎ)と一緒に炒めて食べました。トマトも少しいれケチャップを少し足してトマト味です。

お肉はとても良いお肉だと思います。国産ですし、安心して食べられるお肉だと思います。我が家ではお肉は少し脂がある方を好み、今回はのこめ豚は脂がほとんどないお肉でしたので、家族にはいまいち物足りない感じだった様です。火を通すと脂部分が少ないので少し、固くなってしまった感じがします。他の調理方法のほうがこの商品のおいしさを引き出せたのかもしれません。おすすめレシピをカタログに載せたり、パックに記載するなどすると良いのではと思います。

 

いのちゃんさん

豚肉の甘みが、噛めば噛むほど口いっぱいに広がり、至福を感じながらいただくことができました。調理から時間が経っても、豚肉は固くならず、柔らかい。肉の中まで十分に味がしみ込みやすい厚さで、白飯がすすみました。肉の脂身が少ないため、しつこさがなく、何枚でもペロリと食べられます。生姜焼き用の豚肉ですので、もう少し脂身のある豚肉であれば、さらにコクがますのではないかと感じました。この豚肉ならば、生姜焼きよりもアスパラなどの野菜巻にするとこの肉のよさがいかせるのではないでしょうか。

 

まるまるさん

たっぷりの生姜で生姜が焼きを作りました。豚のくさみもなくあっさりとした味でした。 家族みんなであっという間に食べてしまいました。おいしかったです。

 

まゆすきさん

たまねぎと炒めて生姜焼きに。

取り出す際、肉が一枚一枚取りやすく、きれいにはがせてた。生姜焼き用にしては肉の厚さが薄いかなと感じましたが、焼いて食べてみると歯ごたえ、肉にくしさがあり肉本来のうまみが出ていて、薄いということはあまり感じられなかった。量も2人で食べるには丁度よく使いきれ良かった。

肉が入っているケースもコンパクトでチルド室に入れやすくよかった。

 

マルマルさん

キムチの素で味付けし、もやし、豚小間も加えキムチ丼にしました。

豚小間にいつもはバラ肉を一緒に加えますが、今回はもも肉で挑戦。厚めで食べごたえありでした。こども達にはボリュームがあると好評でした。少しお肉が固いかな?と感じました。

 

popotanさん

生姜焼き、お肉を味わうためにうす味で仕上げました。

私はお肉が苦手なのですが、全く臭みがなくおいしかったです。小さい子ども達もあまりお肉はすきではないのに「このお肉おいしいね」と言い、たくさん食べてくれました。やはりパルさんはおいしくて安全でいいなぁと思いました。