パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

春光堂書店(甲府市)

春光堂書店(甲府市)

 

1918年(大正7年)創業、今年で99年目を迎える老舗の町の本屋さん。今の店主の宮川大輔さんは4代目、ひいおじいさんの介博(かいはく)さんが、春日町から知識の光を発信するという気概を込めて店名を春光堂書店に。コンセプトは「暮らしに発見のタネを」、三本柱は、「かんじる」「かんがえる」「つくる」。店内を巡る鉄の梁には、手書きで本のジャンルが書かれているが、この分類は店長作のオリジナル。ここに来て本棚を眺めながら一回りすることによって、新しい発見に出会って欲しいと言う。

 

 

この小さな店を基地に実に多岐に渡った事業を展開している。イベントに合わせて揃える本の販売会。パルシステム山梨が以前開催した発酵まつりでは、発酵に関する本を集めて行った。子どもに本を読ませたいお母さんや、本を定期的に購入したい人と手紙のやり取りをしながら、その子の成長や、お母さんの悩みなど、いろいろな情報から選書するサービスも行っている。行き詰まった時、本を読むことによって、突破口が開けることがある。結婚式場や歯医者さんでその場所に合わせて整えた本のコーナーは、まんが、新書、文庫等をつなぎ合わせて世界観を作る。結婚式場だったら、これからの新生活に役立つもの、結婚への夢が広がる本。課題図書を決めてみんなでその本について話す読書会も、はじめて10年を迎えようとしている。1人で読んでいる時にはない、気付きと楽しさがあるという。

 

自然、宇宙、地域づくり、哲学、歴史…、あなたはここで、どんな本を手に取るのだろう。

(取材日:2017年8月7日)

 

 子ども連れOK 車いすOK(要介助)

住所

甲府市中央1-4-4

TEL 055-233-2334
営業時間

10:00~20:00

定休日

日曜日