パルシステム山梨

国産・産直・環境にこだわり、安心・安全の食材をお届けします。

環境省 生物多様性センター(富士吉田市)

環境省 生物多様性センター(富士吉田市)

食料や水、気候の安定等、多様な生物が関わりあう生態系からの恵みによって成り立つ私たちの生活。その生物多様性の保全に貢献するため環境省が1998年に設立。

 

 

主な業務は、自然環境や生物多様性に関わる「調査」「情報提供」「資料収集」「国際協力」。約66,000点の動植物の標本を保管する収蔵庫と約26,000点の図書や文献がある図書資料閲覧室がある。展示室「つながりうむ」は約1年をかけてリニューアルし、生物多様性を体系的に学べるように、実体験できる様々な仕組みを取り入れた。順路に沿って見学や体験することによって、生物多様性についてやその現状を知り、温暖化等の影響で直面している様々な危機を理解して、最後に、その為に私たちは何をしなければいけないのか、何ができるのかを知ることができる。

 

 

小学校低学年から楽しめるが、大人用の内容も随所に配置。中でも「メグミノカベ」は、手をかざすことによって1つのストーリーが始まり五感で自然に知識が習得できるように工夫されている。扉を開けること、パネルを引き出すことが楽しい小さな子ども達が、年や来館を重ねる毎に書いてあることに興味を持ち知識として蓄えていくのが目に浮かぶ。GWによるコロナウイルスの感染拡大が懸念され、部屋や場所ごとに入室人数が15~20人程度に制限されているため、時間に余裕を持って出かけたい。ぴーちゅくと鳴く鳥に迎えられ、見学後センターを後にした時、失って初めて気づく…では済まされない生きものの世界を思った。

(取材日2022年3月29日)

 

車いすOK(要介助)

住 所

富士吉田市上吉田剣丸尾5597-1

電 話 0555-72-6031
営業時間

9:00~17:00

休館日

土日・祝日(12月~4月)、年末年始 ※429日から11月まで土日・祝日も開館

入館料 無料(団体の利用は要連絡)